サイクルショップホダカ・コーダーブルーム

自転車専門店「コーダーブルーム東越谷店」ブログ

柏の葉店 因縁の群馬CSC ~あなたを忘れない~

こんにちは柏の葉店山田です。

 

タイトルに深い意味はありません。

10月19日に群馬県みなかみにある群馬サイクルスポーツセンターでのレースに参加しましたので、そのレポートです!

報告が遅いですね。いやー柏の葉店のリニューアルオープンで忙しくてなかなかブログ書けませんでした。

 

ちなみに、サイクルスポーツセンターを略してCSCとなるわけですね。

 

レース開始は12時半なので自宅を7時に出発。実家の車がレース前日にパンクするという事態に見舞われたため、慣れない代車(トヨタ・サクシード)でGO!

 

レース3時間前には食事を済ませたいので9時半ころにSAに寄り、朝ごはんをしっかりと。

 

現地には10時40分ごろに到着。

 

受付をしてさっそくアップ。

f:id:cycleshophodaka:20141019112000j:plain

そういえばニューマシーンの初陣でした。

 

本日は「JCRC」主管のレースに出ます。いつもは「JBCF」ですが。

JCRCの特徴は細かく分けられた脚力別クラスでしょうか。

S・A・B・C・D・E・F・O・K・Xなどに分けられます。多いです。

Fは初心者の方で、Sに近づくと上級者というわけです。

Oクラスはおじさんクラスで、Kクラスがキッズですね。

 

最初に出場する時はXクラスに出場するのが基本です。そのXクラスでの走りによって最初の所属クラスタが決まります。

所属クラスでのレースで6位以内に入ると入賞で、上のクラスに昇格していきます。

 

思い起こせば初めてロードレースに出たのはこの群馬CSCでした。集団に千切られ、脚は攣りもうボロボロでゴールしたのを今でも思い出します。

 

最初の振り分けはEクラスでした。その後修行を積んで1年後くらいの同じレースでDクラスに昇格。

そこからすこし間を挟み、2013年の3月にいばらきのひたちなかで行われたレースで優勝しCクラスへ。

よし!と思いつつもここから社会人になり、JCRCのレースからは遠ざかっておりました。

 

今回1年7カ月ぶりのJCRCのレースです。Cクラスを走るのも初めて。さあどうなるか。

 

f:id:cycleshophodaka:20141028202646g:plain

コースはこんな感じ。Cクラスは1周6kmを12周する72kmで競われます。

全体的に登りと下りを繰り返すコースです。

 

さあ定刻通りスタートです。

 

1周目

みんな様子見。ゆっくりペースでお見合いしている感じ。

 

2周目

まだまだゆっくり

 

3周目

高校生がアタックして集団から抜け出していった。集団は誰も追わない。

どうしようかなーと少し考えてから、行ってしまえと勘でブリッジ掛ける。

※ブリッジ=逃げている選手に追いつき、一緒に逃げる行為。

 

4周目

一緒に逃げる。タイム差25秒!と知らないおじさんが叫ぶ。

 

5周目

一緒に逃げる。タイム差20秒!と知らないおじさんが叫ぶ。

 

6週目

一緒に逃げる。タイム差15秒!とおじさんは叫ぶ。徐々に詰められてますな。

コースの中間地点くらいで捕まった。

 

7周目~10周目

ひたすら回復に努める。逃げるのって体力使うんですよ。

先程逃げた高校生が「ラスト2周の心臓破りで仕掛けましょう」と言ってくるので

OK!と快諾(でももう脚攣りそう、やばい)。

 

私のポーカーフェイスは有効なようで、疲れを悟らせませんでしたよ。

 

※心臓破り=群馬CSCで1番キツイ登り。といっても平均8%程度。

周回しているとジャブのように効いてきます。ボクシングなんてやった事ないのでジャブがどんなものかはわからない。

 

11周目

集団の左から気配を消してスルスルと上がっていく。

心臓破り前で皆が牽制する中、下りの勢いを生かしてアウターのままアタック!

 

単独で登りを駆け上がる。途中審判バイクを抜き去り、慌てて追ってくる場面も。

中腹で先程打ち合わせた高校生ともう一人が合流し、3人に。

このままゴールまで!と思いダンシング(立ちこぎ)した瞬間...

 

ぴっきーん

 

りょ、両脚が一度に攣りおった。

カクカク変なぺダリングで追走集団に最後尾に貼りつく。我ながらナイス根性。ここで離されたら負けだ!という強い気持ちで走ります。

 

12周目

ラストラップ。

ペースが上がり、逃げていた2人も吸収。先頭は10人ほどに減っただろうか。

脚を貯めて、ラストの心臓破りへ。

しかしあえなく離される。根性で踏むも離される。

諦めんなよ!とリスペクトしている松岡修造さんが心の中で叫ぶ。頂上で集団とは5秒差。結構先に見えます。やばいです。

 

下りでラストスプリントに向けて牽制しているようで、集団の速度は遅そう。

自分に負けるな自分に負けるな自分に負けるなラーメン食べたい自分に負けるなと、懸命に単独で踏み続けます。

レースが終わりに近づくとラーメン食べたいなーと考えてることが多いです。

シフトアップしたい!けどもうトップに入っていて出来ない。あと1枚欲しい!

小野田くんみたいにグルグル回します。

 

思いが通じたのかはわかりませんが、ホームストレートまでに何とか集団に追いつく。諦めないで良かった...

さあ休む間もなくスプリントへ。

左のラインから掛けていく。無我夢中で自分が何位かもわからずゴール!

f:id:cycleshophodaka:20141028205922j:plain

この写真の右端あたりにいるんですが、ぎりぎり切れちゃってますね。

 

結果は

f:id:cycleshophodaka:20141028210200j:plain

4位

本当4位とか5位が多いです。決め手に欠ける男です。

f:id:cycleshophodaka:20141028210359j:plain

フォトセッション。

 

まあ何にせよこれでBクラス昇格です。徐々に上がってきてます。

 

ニューマシン・ファーナPROの初陣を優勝で飾りたかったですが、これもレース。

ただレースで使えるマシンだという事がはっきり分かったので良かったと思います。

これからもガンガン使っていきますよー。

 

ちなみに今回のレースで使用したマシンの重量を計ってみました。

f:id:cycleshophodaka:20141018100536j:plain

6.87kg

うーん軽いですね。60mmハイトのディープリムなんですが。

 

さて帰りです。

快調に帰りたいところですが、まあ当然渋滞ですよね。レース後はこれが嫌です。

途中SAに寄ってカツカレーを食べ、22時くらいに帰宅。ラーメン食べろよ...

ビール飲んで死んだように眠りました。

 

JCRCのレースは初めて出るレースにはそこそこおすすめですよ~。

何か疑問があれば、お店に立ち寄って頂いた時にでも聞いて頂ければと思います。

それでは長文失礼致しました。

 

オープニングセール内容はこちら↓↓↓


柏の葉店 オープニングセール!スポーツ車専門店にリニューアル - サイクルショップホダカ・コーダーブルーム

 

コーダーブルーム2015も続々入荷中

10月のキャンペーンはこちら↓↓↓


スポーツの秋 10月のキャンペーン!! - サイクルショップホダカ・コーダーブルーム

 

f:id:cycleshophodaka:20140718154032j:plain