読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイクルショップホダカ・コーダーブルーム

自転車専門店「コーダーブルーム東越谷店」ブログ※「サイクルショップホダカ西川口店」は、閉店致しました。

エリートのボトルケージが入荷!

こんにちは柏の葉店山田です。

 

皆さまサイクリングしていますか?

暖かくなってきて汗もかくようになりました。しっかりと水分補給をしましょう!

 

最近入荷したボトルケージの紹介です。

f:id:cycleshophodaka:20150327124909j:plain

エリート パロン&プリアパヴェ

 

f:id:cycleshophodaka:20150327124924j:plain

こちらがパロンというモデルになります。軽量な樹脂性で、値段安めなわりに高級感があります。マットブラックでクールな感じです。

 

f:id:cycleshophodaka:20150327124940j:plain

こちらはプリアパヴェというモデルです。

パヴェとはフランス語で「石畳」という意味です。

f:id:cycleshophodaka:20150327124934j:plain

ダイヤルがついていて、これを回すと細身のボトルを入れてもギュッと固定することができます。

結果的に、石畳のような荒れた道でもボトルをしっかりキャッチしますよ!という

ことですかね。

 

自転車で石畳の道を走ることなんてあるのか?あるんですよ~。

(photo by cyclowired)

代表的なクラシックレースで、1896年より行われているパリ~ルーべというクラシックレースがあります。

非常に格式の高いレースであることから「クラシックの女王」、毎年落車、パンクでリタイアを多く出すことから「北の地獄」などと呼ばれています。

 

特徴はなんといってもパヴェ、石畳が敷かれたセクターを何回も通過することです。

総距離260kmも驚きですが、そのうち50kmが石畳で覆われた道を走るのです。

 

晴れれば乾いた砂が選手を襲い、雨ならば苔の生えたパヴェが落車を誘発する恐ろしいコース。

世界最狂1dayロードレース「パリ~ルーベ」に密着した『ロード・トゥ・ルーベ』2週間限定公開!

いやーこれはおかしい。

 

話が逸れましたが、こういう悪路でもこのボトルケージなら安心ですよ!ということです!(本当か?多分大丈夫なはず)

 

ご来店お待ちしております。

 

ホダカで、初心者向きのスポーツバイク講習会開催します詳しくはこちらを↓↓↓