読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイクルショップホダカ・コーダーブルーム

自転車専門店「コーダーブルーム東越谷店」ブログ※「サイクルショップホダカ西川口店」は、閉店致しました。

チューブラータイヤの装着方法

こんにちは柏の葉店山田です。

 

本日は「チューブラータイヤ」の装着方法に関して。

 

なぜ急にこんな話をするかというと、最近チューブラー対応のホイールを1本買ったからです!

 

f:id:cycleshophodaka:20150406141653j:plain

ディスクホイールです。タイムトライアルレースで使います。

(年間で4戦くらいしかないくせに高い投資...脚を鍛えろ)

 

スポークがない究極のエアロホイールですね。

 

今まではリムセメントを使用してチューブラーを張り付けていましたが、今回はちょっと違った方法を試してみます。

 

f:id:cycleshophodaka:20150406145111j:plain

ミヤタのチューブラーテープです。当店にも在庫しています。

 

チューブラーをリムに貼りつけるには、

1、リムセメントで接着

2、チューブラーテープ(両面テープ)で接着

の2パターンです。

 

さあ作業していきましょう。

 

f:id:cycleshophodaka:20150406142109j:plain

まず接着面を綺麗にしてあげます。

バルブホールを基点としてテープを張りつけていきます。

 

1周したらタイヤをリムに乗っけていきます。まだ保護シートは剥がさないで下さいね。

 

 

f:id:cycleshophodaka:20150406142735j:plain

今回使用するのはミシュランPRO4のチューブラーモデル。

 

リムにタイヤを乗せる際、モデルによってはありえないだろ!サイズ違うだろ!ってくらい固いモデルがあります。(コン〇ネンタルとか)

諦めないで頑張りましょう。ちなみに今回のミシュランは拍子抜けするレベルですんなり入りました。

 

 

f:id:cycleshophodaka:20150406142951j:plain

リムに乗せる前に、チューブラーテープを両面テープの要領で端っこをめくってあげてぴょろっと外に出しましょう。

 

f:id:cycleshophodaka:20150406143341j:plain

1barほど空気を入れてあげて、センター出しをします。

タイヤをリムに乗せただけだと真っすぐにならないので、すこしづつ回しながらタイヤの位置を修正します。

 

f:id:cycleshophodaka:20150406143718j:plain

センターを出したら保護シートを引っ張っていきます。

取りにくいときはタイヤをやや上方向に引っ張ってやるとスルスルシートが抜けていきます。

 

f:id:cycleshophodaka:20150406144401j:plain

保護シートを抜いたら指でタイヤを全周に渡って圧着させます。

 

f:id:cycleshophodaka:20150406144948j:plain

タイヤに指定空気圧まで空気を入れてあげれば完成です!

 

リムセメントだと手が汚れてしまうことが多いですが、これは簡単。

センター出しも焦らずゆっくりできます。セメントだとスピード勝負になるので初めての方には難しいでしょう。

 

ただハードウェットな路面での走行などを繰り返す場合はテープではなく、リムセメントをおすすめします。

繰り返しの走行でテープに水分が行き渡ると、走行中にタイヤが外れる恐れがあります。シクロクロスなどのオフロード競技ではセメントを使いましょう。

 

それでは!