サイクルショップホダカ・コーダーブルーム

自転車専門店「コーダーブルーム東越谷店」ブログ

シマノ鈴鹿ロード 2日目編 ~衝撃の展開~

シマノ鈴鹿ロード、5ステージ鈴鹿2日目編です。

 

前日レースを終えて、反省会(宴会)を行いました。

ほどほどに飲みました。酒は飲んでも飲まれるな。

脚の疲労はあまりなく、2日目に繋げます。

 

 

 

良い天気。暑くなりそうです。何気に2日間とも晴れの鈴鹿は初めてだったりします。

 

選手招集場所

 

さあ2日目。第4ステージのスタートです。

 

スタート待ち。待ってるだけで汗が流れる。

 

第4ステージ

ショートコースを利用したクリテリウム。距離は短いが、ポイント周回が1,3,5周目に設定されてます。が、チーム総合を逆転させるためにはでかい逃げを決めるしかないのです。チームの作戦としては、3周目のポイント周回後にスピードが緩む隙をついて逃げを決めよう、という感じです。

 

 

先頭引っ張っていきます。カメラマンの方に感謝。

 

さあ3周目。緩んだ隙をついて当チームのエースたちが飛び出します。

3人を逃げに乗せることに成功しますが、丸1周逃げたところで集団に捕まりました。残念。その後はメイン集団内でタイム差なしでゴール。

 

最終第5ステージを前に作戦会議。現在のチーム総合1位も個人総合1位も関西のチーム。このままでは終われないだろうと、他チームに声を掛けに動きます。

レースの前にレースは始まっているのだよ。

目的は変わりません。逆転です。だから逃げを決めるしかないのです。

他チームにも4周目のスプリントポイント後に逃げる旨を説明。即席で連合軍が出来上がりました。

 

第5ステージ 

 

1番の長丁場。暑さもピークの昼過ぎスタートとあって、集団はスローペースで進んでいきます。

 

ちょこちょこ逃げが出来るものの吸収を繰り返し、4周目のポイント。前に上がろうと

集団横を走っていくと落車発生。ここにチーム全員が足止めをくらってしまいます。なんということでしょう。

 

前は5人の逃げが決まってしまい、うちのチームとしては乗り遅れた形です。

ところがそこで簡単に諦めないのがエース。単独で集団から飛び出し、逃げにブリッジを試みます。

単独で1周走って何とか追いついたそうです。

簡単に書いてますが、非常に難しいことですよこれは。

 

前の逃げにジョインしたことを確認。タイム差が20秒、30秒、40秒とどんどん開いていきます。う、うおーマジか。と内心興奮しながら周回を重ねます。ついに視界から完全に消えました。

 

こうなるとおいしくないのは、個人総合1位のチーム。この逃げが決まるのはまずいと、リーダー自らが集団を牽引し始める。

それを逃げに乗せたチームの人間が皆で邪魔をする。追いつかれたくないからです。

後ろではリーダーチームに対して壮絶な煽りが発生してました。

 

「追わないとやばいっすよ~」

 

「逃しちゃっていいんすか~」

 

「これがステージレースですよ~」

 

なんだか可哀想ですが、これがレースということで。

結局30秒近くタイム差を稼ぎ出し、逃げはそのままゴール!遅れてメイン集団もゴールします。

 

しかし、残念ながらチーム総合は1位取れませんでした。逃げに他チームは2人以上乗せていたのに対して、うちは1人。最終的にチーム総合は3位でした。

ですが、まだ終わりません。結果を係員に人に聞くと、なんとなんと。

ステファノさんが逃げに乗ったおかげで、逆転で個人総合優勝を射止めました。

しかもですよ。

 

「個人総合と第5ステージ優勝の表彰を同時に行いたいので~」

 

「えっステージ優勝もしたんですか!?」

 

独走でフィニッシュに飛び込むステファノ・ジョルダノ(FAST LANE Racing)。総合優勝を手に入れる: photo:Masanao.TOMITA

photo by シクロワイアード

独走でゴールに飛び込んだとか。恐ろしや~。

 

鈴鹿において初タイトルですよ!優勝おめでとうございます!

 

記念撮影 photo by シクロワイアード 

(ステファノさんデケェ)

色々なメディアから取材を受けました。来月の雑誌に載ることでしょう。

 

私個人としては、総合19位でレースを終えました。まあチームにおんぶに抱っこで得た結果なので何とも言えませんが。来年も頑張ろう。

 

さて、おうちに帰るまでが遠征です。

家に帰り着いた時間は午前2時。あれ、翌日?いや今日仕事か……。

眠い目を擦りながら仕事に行くまでが遠征でしたね。

さあ気合い入れて行きましょう!

 

ただいま、開催中のセールは、こちら↓↓↓