サイクルショップホダカ・コーダーブルーム

自転車専門店「コーダーブルーム東越谷店」ブログ

バーテープ交換しましょう!

こんにちは柏の葉店山田です。

 

もう12月になってしまいました。

暑いのは良いのですが、寒いのは苦手です。体が動かないんですよね...

 

さて今日のお題はバーテープです。

直接手で触れる部分なので、意外とすぐへたれたり、汚れてしまう部分です。

 

安価なものでもカラーが豊富なので、少額投資でガラッと車体の印象が変わりますよ!

 

当店にご依頼頂ければ、工賃がかかりますがもちろん交換作業はやらせて頂きます。

ご自身でやってみたいというお客様のために、バーテープの巻き方を写真でご説明致します!

 

 

これから説明する方法は山田スタイルです。色々と巻き方があるうちの1つです。

 

まず古いバーテープを剥がしてハンドルを綺麗にします。

巻きはじめ

f:id:cycleshophodaka:20141125232837j:plain

ハンドルバーの内側にテープを垂らします。内側から外側に向けて巻き上げていきます。

f:id:cycleshophodaka:20141125233104j:plain

大体テープの3分の1が隠れるくらいで巻くのが普通ですが、厚め・薄めは好みなのでお任せします。(厚く巻き過ぎると長さが足りなくなる恐れがあるのでご注意を)

 

f:id:cycleshophodaka:20141125233309j:plain

ここまで巻きました。ブラケットの部分が綺麗に巻き上げるポイントになります。

f:id:cycleshophodaka:20141125233351j:plain

バーテープの切れ端をブラケットの裏側に当てます。

なぜ当てるのかというと、巻き上げる際に出来てしまう隙間を隠すためです。

 

ここから少しだけコツがいります。

f:id:cycleshophodaka:20141125233517j:plain

切れ端を巻きこむように、外から内側に通します。

f:id:cycleshophodaka:20141125233546j:plain

巻きあげて内側に通したバーテープを、また外側へ。

 

f:id:cycleshophodaka:20141125233627j:plain

外側に通したバーテープをまた内側へ。

 

f:id:cycleshophodaka:20141125233723j:plain

こういう状態になればあと少しです。

外側を通してまた内側へ巻き上げていきます。

f:id:cycleshophodaka:20141125233738j:plain

こんな感じで巻きあげます。

f:id:cycleshophodaka:20141125233812j:plain

ふぅーブラケット部分終了。

f:id:cycleshophodaka:20141125233900j:plain

まきまき。

ロゴが入っているバーテープがたまにあります。ロゴも揃えて巻くとおしゃれです。

f:id:cycleshophodaka:20141125234013j:plain

はさみで斜めにカットします。これも綺麗に巻き終わるテクです。

f:id:cycleshophodaka:20141125234352j:plain

最後にビニールテープで留めるわけですが、これも斜めにカットしておきます。

こうすると角が取れるので剥がれにくくなります。

使用するビニールテープは100円均一のものでOKです。3個入り100円とかで売ってます。

f:id:cycleshophodaka:20141125234608j:plain

左右とも同じ手順で完成です。バーテープが綺麗になると気持ち良いですね。

 

 

バーテープ自体は1000円前後で左右セットを購入できるので、これを機にいかがでしょうか。

 

ご来店お待ちしております!

 

 

只今、クリスマスキャンペーン開催中↓↓↓


クリスマスキャンペーン - サイクルショップホダカ・コーダーブルーム

 

 

f:id:cycleshophodaka:20140718154032j:plain